現金化利用で作ってしまった借金は債務整理できないって本当?

絶叫する男性

現金化利用時の債務整理は任意整理や個人再生なら可能

ショッピング枠を現金化することで、口座に引き落とせるお金がない緊急時にもまとまったお金を作ることが可能です。いざという時に非常に便利ですし、現金化自体は法に触れない手続きですから、問題なく利用できます。

しかし、クレジットカードを利用している以上、返済日までにきちんとお金を用意できるように計画性を持って行わなければなりません。

そして、もし支払いが滞納してしまった場合、個人でどうにもならない状況に陥ったら頼りになるのが債務整理になります。

現金化利用時の債務整理で問題になってくる

債務整理は借金状況を見直し、元金や利息を減らして数年かけて完済を目指すというものです。ここで問題になってくるのが、現金化行為自体を取り締まる法律はないものの、カード会社の規約違反に該当するという点になります。

債務整理にはいくつか手続きの方法がありますが、中には裁判所から免責許可が下りなければ行えないものもあります。現金化という違反行為に対する目が厳しくなることから、希望する方法で債務整理できない可能性を考慮しなければなりません。

任意整理や個人再生なら行いやすい

任意整理は債権者との示談で行う債務整理ですから、あくまでもカードの使いすぎという名目で手続きを進められれば、行える可能性が高くなります。

個人再生は裁判所に申立てをしなければなりませんが、こちらも収入が安定しており計画的な返済が可能であることを認められれば、カード会社も納得して同意を得やすい方法です。

自己破産は免責不許可事由に該当する可能性が高い

一方、借金を0にできる自己破産に関しては、ショッピング枠の使いすぎ、現金化利用という私的な散財に対して免責が許可されず、手続きが認められないことを考慮しなければなりません。

こうした事情から、無計画な現金化利用で自己破産を希望をしても、相談をした法の専門家には他の方法をすすめられるでしょう。

債務整理は便利ですが、お世話にならないに越したことはありません。現金化を行う際には利用した金額の返済まで考えて、無理のない範囲内で行うことが重要です。

関連記事

疑問を感じている女性

現金化業者のサイトに掲載されている換金率は本当に正しいの?

クレジットカードを左手で持つ

クレジットカードの現金化に裏技は存在するのでしょうか?

怯える眼鏡を掛けた女性

現金化は違法にあたるの?逮捕されたりしないのか知りたい。