クレジットカードの現金化に裏技は存在するのでしょうか?

クレジットカードを左手で持つ

ショッピング枠を現金化する裏技として返品を使った方法があります

急いでお金を調達しなければならない時に、クレジットカード現金化を行うと少額なほど換金率が低くなりがちです。なるべく2日以内に現金化したいなら、3万円以内の少額ならば裏技は存在します。

例えば、次の2つの方法で現金化すれば、換金率100%です。

クレジットカードで購入した商品を翌日返品する

クレジットカードで購入した商品は、様々な理由により返品することが可能です。クレジットカード決済は、システム上当日中の返品ならばカード利用情報を取り消し処理することで、最初から購入が無かったものとして処理できます。

しかし、翌日になるとシステム上の取り消しにより、利用限度額の回復は出来ないので現金で返品処理を行うしかありません。

つまり、一度購入した商品を翌日になってから返品依頼に再度来店すれば、店舗としては現金で返金するしか返品処理方法が無いわけです。

購入と返品のために、同じ店舗へ2日続けて訪問する必要があり、店員からは嫌がられますが、強い精神力があれば換金率100%の現金化が可能です。

電子マネー決済で購入した商品を返品する

電子マネー払いがある程度普及しているので、日常的に小銭が貯まらないように利用している人も少なくありません。電子マネーの中には、クレジットカード経由でチャージ出来るタイプがありますが、購入した商品を返品する時に店舗により現金で返金するしか方法が無い所が存在します。

見分け方としては、電子マネーチャージに未対応の店舗を選ぶと、電子マネー決済で購入した商品の返品時に電子マネーチャージが出来ないために現金で返品処理するしかありません。

電子マネーはクレジットカードとは異なり、決済システム処理を高速化し、不正処理を防ぐためにシステムが設計されています。

電子マネー決済を導入する店舗により、決済のみしか行えない端末の方が安上がりで済むことからも、返品処理が頻繁に発生しないために多少なら電子マネーを現金で返品処理した方が手間がかかりません。

しかし、あまりにも頻繁に返品していると店舗への出入り禁止となる点に注意が必要です。

関連記事

絶叫する男性

現金化利用で作ってしまった借金は債務整理できないって本当?

疑問を感じている女性

現金化業者のサイトに掲載されている換金率は本当に正しいの?

怯える眼鏡を掛けた女性

現金化は違法にあたるの?逮捕されたりしないのか知りたい。